布団の宅配クリーニングおすすめランキング【安い16社を徹底比較】

羊毛布団の洗濯方法【自宅・コインランドリー・クリーニングの判断基準】

羊毛布団を洗濯したいけど、ダメにしてしまうのが心配…。どんな方法がおすすめなの?

羊毛布団を長年使っていると、汚れや臭いが気になってきます。丸ごと洗濯してスッキリさせたいですよね。

 しかしここで、「羊毛布団をダメにしてしまったらどうしよう…」という疑問や不安も出てくるでしょう。この記事では、羊毛布団を失敗せずに洗濯するにはどんな方法があるのか、その手間やリスクについて分かりやすく説明していきます。

 羊毛布団をスッキリと洗濯して、心地よい睡眠を手に入れましょう。

羊毛(ウール)布団は洗濯できる?

羊毛布団は、羊の毛と側生地(外側の生地)でできています。どちらも水洗いできるものですので、羊毛布団は洗濯できます。

ただし羊毛の特徴として、水や摩擦により縮みやすいという性質があります。しかし、強い摩擦を避けて「やさしく」洗ってあげることで、羊毛布団の縮みを軽減することができます。

 さらに、羊毛100%の布団と、羊毛50%ポリエステル50%の布団(いわゆる羊毛混布団)とでは、その性質は大きく異なります。ここからは、それぞれの場合について詳しくご説明していきます。

羊毛(ウール)100%の布団

「水洗い可」の表示があれば、自宅で踏み洗いができます。しかし、前述したとおり、羊毛は水と摩擦に弱い性質があるため洗濯機では洗えません。

同じ理由からコインランドリーで洗うこともできません。

一番おすすめできる方法はクリーニングに出すことです。「水洗い不可」の場合も含めて、クリーニング店なら洗濯によるダメージを最小限にして羊毛100%の布団を洗ってくれます。

羊毛100%の布団の洗濯方法別の可否
  • 踏み洗い可
  • クリーニング可
  • 洗濯機不可
  • コインランドリー不可

羊毛(ウール)50%・ポリエステル50%の布団

羊毛混布団とも呼ばれます。「水洗い可」の表示があれば、踏み洗いや洗濯機洗いが可能であり、コインランドリーで洗うこともできます。

 ポリエステルが50%入ることで、洗濯による布団の縮みが軽減されますが、やはり水と摩擦によるダメージについては引き続き注意が必要です。

 羊毛混布団についても、一番おすすめできる方法はクリーニングに出すことです。「水洗い不可」の場合も含めて、クリーニング店なら洗濯によるダメージを最小限にして羊毛50%・ポリエステル50%の布団を洗ってくれます。

羊毛50%・ポリエステル50%布団の洗濯方法別の可否
  • 踏み洗い可
  • クリーニング可
  • 洗濯機可(洗いすぎNG)
  • コインランドリー可(洗いすぎNG)

羊毛布団を自宅で洗う方法

羊毛布団を自宅で洗う場合には、洗濯機で洗う方法と踏み洗いする方法があります。それぞれの手順をご説明します。

自宅の洗濯機で洗う手順

  1. 羊毛布団をたたみ、洗濯ネットに入れてから洗濯機へ入れる。
  2. おしゃれ着用の中性洗剤を投入する。
  3. 「大物洗いコース」などを選択し、スタート。
  4. 脱水まで終了したら取り出す
  5. 2本の物干し竿に、M字型になるように渡して干す。
  6. 時々裏返しながら、しっかり乾かす

 しっかりと乾かすためには2~3日程度の時間が必要です。湿気が残るとカビや臭いの原因となりますので注意しましょう。

洗濯機で洗うメリット
  • コストを安く抑えられる

洗濯機で洗うデメリット
  • しっかり乾かすためには数日かかる

踏み洗いの手順

  1.  浴槽におしゃれ着用の中性洗剤と、たっぷりの水を入れてよく溶かす
  2. 羊毛布団をたたんで浴槽に入れ、やさしく踏み洗いする
  3. 浴槽から洗濯液を抜き、新たに水を入れる
  4. やさしく踏みながらすすいだ後、浴槽から水を抜く。すすぎを2回程度繰り返す
  5. 小さくたたみながら体重をかけるようにしてやさしく絞る
  6. 2本の物干し竿に、M字型になるように渡して干す
  7. 時々裏返しながら、しっかり乾かす

 濡れて水をたっぷり含んだ布団は想像以上の重さです。無理に持ち上げようとすると生地が破れることがあるので注意しましょう。また、しっかりと乾かすには2~3日程度の時間が必要です。

踏み洗いのメリット
  • やさしく洗うことができる
  • コストを抑えることができる

踏み洗いのデメリット
  • 洗濯・乾燥に多大な労力と時間がかかる

羊毛布団をコインランドリーで洗う方法

前述したとおり、羊毛50%・ポリエステル50%の布団であれば、コインランドリーで洗濯することが可能です。ただし注意する点として、コインランドリーの洗濯機や乾燥機はとても強力だということがあります。

 ポリエステルが50%入っているので縮みが軽減されるとはいえ、洗濯機・乾燥機ともにかけ過ぎは厳禁です。

乾燥機は時間を調節可能ですし、途中で止めることもできます。長くとも40~60分程度を目安として取り出し、続きは自宅で干すことをおすすめします。

コインランドリーで洗うメリット
  • クリーニングに出すより費用を抑えられる

コインランドリーで洗うデメリット
  • 作業には半日程度の時間がかかる
  • 洗濯機・乾燥機によるダメージのリスクがある

羊毛布団をクリーニングに出すメリット

ここまで見てきたように、羊毛布団を自宅で洗濯する際のポイントとして次の3つがあります。

  • 洗濯・乾燥の労力
  • 生乾きによるカビや臭いのリスク
  • 中綿の縮みのリスク

クリーニングであれば、それぞれの布団に合わせて工程を調節し、たっぷりの水を使って洗うので、羊毛布団へのダメージを極力減らしてくれます。乾燥についても布団内部の水分を計測して確認してくれるため安心です。

かかる時間や労力、羊毛布団をダメにしてしまうリスクを考えると、羊毛布団はクリーニングに出すのが無難であり、最もおすすめの方法と言えます。

クリーニングに出すメリット
  • 労力や時間を省くことができる
  • 専門のプロにお任せするので安心

クリーニングに出すデメリット
  • 規定の料金がかかる

布団クリーニング選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「宅配クリーニング博士」編集部が総力を挙げてクリーニング店16社を徹底比較し、ランキング化しました。
価格と品質のバランスが取れた優秀な布団クリーニング店が分かるので、迷っている場合は参考にしてみてください。