スーツクリーニング

スーツクリーニングの出し方【疑問点を完全解決】

スーツクリーニングの出し方【疑問点を完全解決】
スーツクリーニングってどうやって出せば良いんだろう・・

はじめてのスーツクリーニングはそもそもどうやって出せばよいのか、色々なメニューの中からどうやって注文をすればよいのかなど… 。
気になることだらけですよね。

本記事を読んで、クリーニング店でのスマートな対応をマスターしましょう。

ここではスーツクリーニングに出す準備からオーダー方法、受け取り方法まで、スーツクリーニングの出し方について詳しく解説していきます。

博士
博士
スーツクリーニングの出し方について一通りの流れが分かるのだ!

スーツクリーニングの出し方【準備編】

スーツクリーニングの出し方【準備編】

スーツクリーニングを出す前に、事前準備としてスーツの状態をチェックしておきましょう。

チェックポイントは次の3つです。

  • ボタンの外れそうなところはないか?
  • ポケットの中身は入っていないか?
  • ほつれ、シミ、汚れはないか?

それぞれ解説します。

ボタンの外れそうなところはないか?

スーツのボタンが外れそうな箇所はないかをチェックします。
もし、外れそうになっている場合は、あらかじめ外すか、付け直してからクリーニングに出しましょう。
出来上がってからボタンの紛失が発覚すると後で面倒だからです。

ボタンの外れが気になっている場合は、ボタンの付け替えをオプションでお願いすることも可能なのでそれも検討しましょう。

ポケットの中身をチェック

ポケットの中身はその場でチェックしてくれるところもありますが、チェックなしで受け取るクリーニング店もあります。
もし、大切なものが入っていた場合、紛失する可能性もあります。

ボールペン、紙きれ、小銭などが入っていないことを念のため確認しておきましょう。

ほつれ・シミ・汚れのチェック

ほつれ・シミ・汚れがないかチェックしておきましょう。
スーツクリーニングに出す際に、お店側でもチェックしますが双方とも分かっていた方が無駄なトラブルを回避できます。
また、事前にスーツの状態が分かっているとお店の人に相談しやすいというメリットもあります。

例)
・ほつれがある→オプションで共布(スーツを買った時についてくるスーツ生地と同じ素材の布)を使用してほつれ補正も可能

スーツクリーニングの出し方【持って行き方編】

スーツクリーニングの出し方【持って行き方編】

持って行き方に特に決まりはありませんが、『ビニール袋に入れて持っていくことを推奨』します。

もし、ハンガーやスーツ専用の黒いカバーで持っていく場合は、次の点に注意しましょう。

ハンガーやスーツ専用の黒いカバーは外して渡す

ハンガーやスーツの専用カバーごと渡してしまうと、クリーニング店に捨てられてしまう場合があります。
ですので、最初から捨てやすいビニール袋で持っていくのがベストです。

スーツクリーニングの出し方【注文編】

スーツクリーニングをお願いするときに、どんなことを聞かれるの?
どういった風にオーダーすればよいの?

次の3パターンに分けて解説します。

  1. 標準的なスーツの場合
  2. 10万円以上の高級スーツの場合
  3. 汗や臭い、カビ、シミ汚れなどが気になる場合

①標準的なスーツの場合

標準的なスーツの場合は、『そのまま出せばOK』です。
通常、そのまま出すとドライクリーニングになります。

②10万円以上の高級スーツの場合

10万円以上の高級スーツの場合、『DX(デラックス)仕上げ』を選ぶのがおすすめです。
デラックス仕上げというのは、簡単に言うと「通常よりも丁寧にクリーニングしてくれるコース」です。

クリーニング店によっては「ロイヤル」と呼んでいる場合もあります。

③汗や臭い、カビ、シミ汚れなどが気になる場合

汗や臭い、カビ、シミ汚れなどが気になる場合は、ウェットクリーニングも検討しなければいけません。

通常のスーツクリーニングは、生地を傷めないために、ドライクリーニングといって水を使わない方法を行なっています。

しかし、中にはドライクリーニングでは満足に落とせないものもありますので、次を参考にしてウェットクリーニングも使うようにしましょう。

クリーニング方法
汗、臭い ウェット
白カビ ドライ
黒カビ ウェット
油性のシミ汚れ
(マヨネーズやチョコレート、口紅など)
ドライ
水溶性のシミ汚れ
(醤油やジュースなど)
ウェット

※ウェットクリーニングは難易度も高いため、高級スーツの場合は特に信頼できるクリーニング店で依頼するようにしましょう。

注文方法に迷った場合は相談すれば大丈夫

注文方法に迷った場合には、店員と相談すれば大丈夫です。

具体的には、「気になっていること(臭いやシミ、汗、カビなど)」を伝えるだけで、クリーニング店から適切なメニューを提案してもらえることがほとんどです。

もし、分かりにくかったり、店員もどうしたら良いか分からないようなクリーニング店であれば選ばない方が無難です。

スーツクリーニングの出し方【受け取り編】

スーツクリーニングの出し方【受け取り編】

基本的にはビニールカバーのかかった状態で渡されます。
お店によっては、手提げ袋を付けてくれるところもありますが、袋は別途有料にしているクリーニング店がほとんどです。

ビニールカバーのまま持って帰っても良いですが、万が一帰宅途中にスーツが汚れてしまったら意味がありませんよね。

できれば大き目の手提げや紙袋などを持ってきた方が安心です。

スーツクリーニングの出しすぎには注意

スーツクリーニングに出し過ぎると生地を傷める原因になり、良くありません。

基本的にはシーズン毎、または汚れやにおいがかなり気になってきたタイミングが一般的!

夏であれば2週間に1回(外回りなどで汗が気になる場合)、冬は1シーズンに1回くらいを目安にしてみてください。