スーツを洗う頻度は?【スーツクリーニングの全知識を徹底解説】

スーツクリーニング種類は2つ!ドライと水洗い(ウェット)どっちが最適?

スーツクリーニング種類は2つ!ドライと水洗い(ウェット)どっちが最適?
スーツをクリーニングを出す時、ドライとウェット(水洗い)はどっちが良いの?

スーツはドライとウェットクリーニング、どちらが良いのか迷ったり、「どちらにしますか?」と聞かれた経験はありませんか?

ここでは、ドライクリーニングとウェットクリーニングの違いを明確にして、状況によってどちらで頼んだ方が良いのかを判断できるようにしましょう。

スーツは一般的にドライクリーニングが良いとされる理由

ーツは一般的にドライクリーニングが良いとされる理由スーツは、一般的にドライクリーニングで出すのが良いとされます。

ドライというのは、水で洗わず、油で洗うクリーニング方法です。
油と言っても想像しているものではなく、油性溶剤と呼ばれるもの。

スーツをドライクリーニングで洗う理由としては次の3つがあります。

  • 型崩れや収縮が起きにくい
  • 色落ちしにくい
  • シワにもなりにくい

スーツを乾いた状態で洗えるので、型崩れや色落ちがしにくいといった利用者側のメリットもありますし、クレームが起きにくいという店側のメリットもあります。

ドライクリーニングで落ちる汚れとは?

しかし、ドライクリーニングは、どんな汚れでも落とすような万能な洗い方ではありません。

ドライクリーニングは次のような汚れはしっかり落とすことができます。

油汚れ(マヨネーズ、油、チョコレートなど)

油性溶剤で洗うので、油汚れには強いのです。

一方で、汗や食べこぼしなどの水溶性の汚れはドライクリーニングでは落とすことができません。

スーツをウェットクリーニング(水洗い)に出すべき状況とは?

スーツをウェットクリーニング(水洗い)に出すべき状況とは?

前述したとおり、スーツについた汗やジュース、食べこぼしなどの水溶性の汚れはドライクリーニングでは落ちません。

ですので、水溶性の汚れの場合はウェットクリーニング(水洗い)に出す必要があります。

ウェットクリーニングは、水を使って汚れをさっぱり落とします。
汗も落とすことができるので汗抜きクリーニングとも呼ばれています。

以下に、具体的にどのような状況であればウェットクリーニング(水洗い)に出すべきかをまとめました。

ウェットクリーニングに出すべき状況
  • 汗の臭いが気になる場合
  • 水溶性の汚れが付いた場合(ジュース、油分のない食べ残し、醤油など)

スーツのウェットクリーニング(水洗い)料金はいくら?

スーツの水洗い料金はドライクリーニングのプラス1,000円〜2,000円ほどかかります。

ウェットクリーニング(水洗い)は、その汚れにあった溶剤・洗剤を使ったり、生地を傷めないような熟練の技術が必要になりますので料金は通常よりも高額になるのです。

スーツにビールをこぼしたらクリーニングにはどう出す?

ーツにビールをこぼしたらクリーニングにはどう出す?サラリーマンに多い飲み会では、スーツにビールをこぼしてしまった!というシュチュエーションは良くあると思いますが、次の対応が正しいです。

早急にウェットクリーニング(水洗い)に出す

スーツにビールをこぼした時は、しっかり落とそうと思ったらウェットクリーニング(水洗い)でしか落ちません。
なぜなら水溶性の汚れだからです。

また、ビールは最初気にならなくても酸化が進んでいくにつれて黄ばみの原因になりますので、なるべく早い対応が望ましいです。

スーツクリーニングのドライと水洗い(ウェット)判断基準まとめ

スーツクリーニングのドライと水洗い(ウェット)判断基準まとめスーツクリーニングのドライと水洗い(ウェット)の判断基準をまとめると、次のようになります。

最適な汚れ
ドライクリーニング 口紅
マヨネーズ
チョコレート
etc・・・
ウェットクリーニング 汗の汚れや臭い
ジュース
ビール
油分のない食べこぼし
醤油
etc・・・

その汚れに合ったクリーニングに出さないと「汚れや臭いが落ちていない!」ということになるので、上記判断基準を参考にしてみてください。

スーツクリーニングについてもっと知りたい人はスーツを洗う頻度は?【スーツクリーニングの全知識を徹底解説】をご覧ください。

クリーニング店選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「宅配クリーニング博士」編集部が総力を挙げてクリーニング店25社を徹底比較し、ランキング化しました。価格と品質のバランスが取れた優秀な宅配クリーニング店が分かるので、クリーニング店選びの参考にしてみてください。