スーツクリーニングの全知識【出す頻度や周期・タイミングなど詳しく解説】

スーツクリーニングの汗抜きとは?【どんな時に必要?シミも取れるの?】

スーツクリーニングの汗抜きとは?【どんな時に必要?シミも取れるの?】
スーツクリーニングに汗抜きって必要?

汗抜きと言われても、具体的にどんな加工で、自分のスーツをクリーニング際に必要なのかどうか、悩んだことがある方も多いと思います。

結論としては、スーツのクリーニングに汗抜きは「毎回は不要だが、衣替え時や夏場につけた方が良いオプション」です。

ここでは、スーツクリーニングで良く聞く汗抜きとは何か?どんな時になぜ必要なのか?を詳しく解説していきます。

この記事で何が分かる?
  • 汗抜きとは何か
  • スーツクリーニングに汗抜きが必要な状況
  • 汗抜きの料金

スーツクリーニングの汗抜きとは?

スーツクリーニングの汗抜きとは?スーツの汗抜きは、簡単に言うと水溶性の汚れを大幅に除去することができるクリーニング方法です。

水溶性の汚れ(ジュースや汗、ワインなど)を落とすためには水洗いが適しているのですが、ウールやシルク素材でできているスーツは水洗いをすると縮みや型崩れを起こしてしまいます。

そのため、一般的なスーツの洗い方はドライクリーニングになります。ドライクリーニングは、石油系の溶剤を用いて洗うため、スーツのように縮みや型崩れ、色落ちしやすい衣料品に適した洗い方です。

しかし、ドライクリーニングでは油汚れ(皮脂や空気中のススやホコリなど)を落としてくれる一方、水溶性の汚れに効果はありません。

そこで、スーツの汗抜き加工をプラスすれば、油溶性の汚れだけでなく、水溶性の汚れも大幅に除去することが可能となるわけです。

汗抜きとウェットクリーニングとの違いは?

汗抜きとウェットクリーニングは同じ意味で使われることが多いです。

クリーニング店によって、水洗いのことを汗抜きと言ったり、ウェットクリーニングと言ったりします。

次の記事で、ウェットクリーニングとドライクリーニングの違いもまとめているので参考にしてみてください。

スーツはドライクリーニングと水洗い(ウェット)どっちが最適?【違いも解説】 スーツをクリーニングに出すと、何も言わなければドライクリーニングが適用されますが、ウェット(水洗い)にした方が良いのかな...

スーツクリーニングに汗抜きが必要なのはどんな時?

スーツのクリーニングに汗抜きは必要?スーツクリーニングの汗抜きは、次のような場合にオプションとして追加するのがおすすめです。

スーツに汗抜きが必要な場合

  • スーツの汗のべたつきや臭いが気になる場合
  • 醤油やジュース、ビールなど、油分のない水溶性の汚れが付いた場合

スーツクリーニングは汗抜きオプションを付けないと、ドライクリーニングが適用されます。

ドライクリーニングは、油分を含んだ汚れ(マヨネーズやチョコレートなど)の汚れには強いですが、汗などの水溶性の汚れを落とすことができません。

そこで、必要になってくるのが汗抜き加工なのです。

特に夏場など、通勤や外回りでたくさん汗をかくような時期は、汗が大切なスーツのシミや黄ばみ、ニオイの原因になってしまいますので、汗抜きオプションを付けると良いでしょう。

汗抜きクリーニングのメリット・デメリット

スーツクリーニングに汗抜きが必要な状況はありますが、一方で汗抜きすることによるデメリットもあります。

汗抜きのメリット・デメリットについてまとめました。

汗抜きのメリット

スーツを汗抜きクリーニングするメリットは次の2点です。

  • 汗やジュース、ワインなどの水溶性の汚れが落ちる
  • 柔らかく、さらっとした感触に仕上がる

汗やジュース、ワインなどの水溶性の汚れは水洗いしないとほとんど取れません。ドライ溶剤のなかに、霧のように水分を含ませて洗う汗抜き加工なら、大幅に汗汚れを落とすことができます。

また、水分を含んで洗いあげるので、ドライクリーニングのみよりも生地が柔らかく、さらっとした肌触りになります。

汗抜きのデメリット

スーツを汗抜きクリーニングするデメリットは次の2点です。

  • 料金が高くなる
  • 仕上がり日数がかかる

ドライクリーニングの料金に、汗抜き加工代が上乗せされますので、当然ドライクリーニングのみより料金は高くなることがほとんどです。毎回のようにスーツに汗抜き加工を施すと、出費がかさんでしまいます。

また、通常のドライクリーニングなら、当日の朝出して夕方に仕上がる、即日仕上げに対応していることが多いです。

しかし、汗抜きは特殊な加工になりますので、仕上がりにプラス一日以上掛かることもあります。


このように、仕上がりまでとても時間がかかることもあります。

スーツのクリーニングに汗抜きをプラスすれば、シミも取れる?

スーツのクリーニングに汗抜きをプラスすれば、シミも取れる?汗抜きクリーニングは水分を含む加工なので、スーツに食事などでついた水溶性のシミは、ついてから2日以内であれば落ちる可能性が高いです

もしくは、ドライクリーニングに汗抜き加工をつけるのではなく、たっぷりの水で洗いあげる水洗い(ドライクリーニングと水洗いの二度洗い)にした方が、シミは落ちやすいです。

しかし、一週間以上経過してしまったシミは、シミ抜きをしても10%しか落ちないと言われています。

ですから、時間が経っている水溶性のシミがついている場合、汗抜き加工を施してもシミは落ちない確率のほうが高いでしょう。

もしスーツの時間が経ったシミを除去したい場合は、クリーニング業者に相談してください。

スーツクリーニングの汗抜きの料金はどのくらい?

スーツクリーニングの汗抜きの料金はどのくらい?

スーツを汗抜きクリーニングする場合、目安として次の料金がかかります。

スーツ上下プラスで400円~1,000円程度

店舗によって異なるため一概には言えないですがおよそ上記のとおりです。特殊な溶剤であれば、1,000円以上掛かることもあります。

ドライクリーニングの料金に上乗せされますので、クリーニングのたびに汗抜きをすると、クリーニング代が高くついてしまいますね。

スーツでたくさん汗をかいたり、汚れがついた場合だけ汗抜きクリーニングを利用し、その他の時はドライクリーニングにするというのが現実的でしょう。

博士
博士
汗の臭いや水溶性の汚れが気になる場合は、汗抜きクリーニングが有効なのだ!

スーツ全般についての知識は、スーツを洗う頻度は?【スーツクリーニングの全知識を徹底解説】にまとめているので不明点があれば合わせてご確認ください。

クリーニング店選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「宅配クリーニング博士」編集部が総力を挙げてクリーニング店36社を徹底比較し、ランキング化しました。価格と品質のバランスが取れた優秀な宅配クリーニング店が分かるので、クリーニング店選びの参考にしてみてください。