布団を自分で洗う方法

こたつ布団をコインランドリーで洗う方法【時間や料金など完全解説】

こたつ布団を洗ってスッキリしたい!コインランドリーなら手軽に安く洗えるかな?

家族が毎日使うこたつ布団は、丸ごと洗濯して清潔にしておきたいですよね。

クリーニングに出すよりも費用を安く抑えることができるのが、コインランドリーで洗うメリットです。

また、クリーニングだと少なくとも1週間程度はかかってしまいますが、コインランドリーなら、その日のうちに洗濯を完了することもできます。

一方で、コインランドリーを使うデメリットとして、それなりの時間と労力がかかることが挙げられます。

また、こたつ布団のような大物をコインランドリーの強力な洗濯機や乾燥機にかけようとすると、最悪の場合は布団の損傷のリスクも出てきます。

こたつ布団をコインランドリーで洗うメリット
  • クリーニングよりも費用を抑えられる
  • 一日で洗濯・乾燥を完了できる
こたつ布団をコインランドリーで洗うデメリット
  • 時間と労力がかかる
  • 生地や中綿の損傷のリスクがある

この記事では、こうしたデメリットを最小限にするための注意点をご説明するとともに、気になる時間や料金も解説していきます。また、意外と迷いがちな洗濯機の容量選びについても紹介していますので参考にしてください。

コインランドリーを賢く利用して、ふっくら清潔なこたつ布団を手に入れましょう!

コインランドリーで洗えるこたつ布団の判断基準

「水洗い可」の表示があり、キルティング加工されていれば、こたつ布団はコインランドリーで洗濯できます。

キルティング加工とは、以下のように表布と裏布とが(格子状などに)縫い合わされている加工を言います。

この加工がないとコインランドリーの洗濯機で洗う際に中綿が片寄ってしまいます。一度片寄ってしまった中綿は元に戻りません。

一方、「水洗い不可」の表示がある場合は、コインランドリーは避けるのが無難です。クリーニング店におまかせしましょう。

また、こたつ布団の中綿が、綿(コットン)を使用している場合もコインランドリーで洗濯はできません。

綿(コットン)はその繊維に油分を含んでいますが、洗濯をすることでこの油分がなくなり固くなってしまうのです。この場合も、クリーニング店に出すしかありません。

コインランドリーで洗えるこたつ布団
  • 「水洗い可」の表示がある
  • キルティング加工されている
コインランドリーで洗えないこたつ布団
  • 「水洗い不可」の表示がある
  • キルティング加工されていない
  • 中綿に綿(コットン)を使用している

コインランドリーで洗えないこたつ布団の場合は、クリーニングに出すようにしましょう。

→布団クリーニングのおすすめをチェックする

こたつ布団をコインランドリーで洗う時の料金は?

コインランドリーによって料金は異なりますので、ここでは一般的な目安となる料金をご紹介します。

また、長方形のものや厚めのこたつ布団をLサイズとし、それ以外の標準的なものはMサイズとして参考にしてください。

洗濯料金

こたつ布団をコインランドリーで洗濯する料金は次のとおりです。

  • こたつ布団(Mサイズ)一枚 600~1,000円
  • こたつ布団(Lサイズ)一枚 1,000~1,200円

乾燥料金

こたつ布団をコインランドリーで乾燥する料金は次のとおりです。

  • こたつ布団(M~Lサイズ)一枚 100円/8~10分当たり

(60分使用したとすると、600~800円)

布団をコインランドリーで洗う場合、洗濯と乾燥を合わせると総額で1,200円〜2,000円程度かかることになります。

こたつ布団をコインランドリーで洗う時間・乾燥時間はどのくらいかかる?

コインランドリーの洗濯は一度スタートすると最後まで止められませんが、乾燥については途中で止めるなど時間の調節ができます。

乾燥機の熱によるダメージが大きいため、50~60分程度を目安に乾燥を切り上げることをおすすめします。

その後は自宅でこたつ布団を天日干しにして完全に湿気を飛ばしましょう。

洗濯時間

こたつ布団をコインランドリーで洗濯する時間は次のとおりです。

  • こたつ布団(M~Lサイズ)一枚 約35分

乾燥時間

こたつ布団をコインランドリーで乾燥する時間は次のとおりです。

  • こたつ布団(M~Lサイズ)一枚 約60分

こたつ布団はコインランドリーで洗うのにトータルで1時間半ほどかかり、運搬などを考慮すると2時間〜2時間半程度かかることになります。

こたつ布団をコインランドリーで洗う場合、何キロの洗濯機を使えば良い?

こたつ布団を大きめの洗濯機や乾燥機を使えばより綺麗に洗えるとか、速く乾くかというとそうではありません。

規定の容量まではきちんと洗えますので、容量ギリギリまで使うのが最もコスパが良いということになります。

容量選びで迷ったならば、実際にこたつ布団を洗濯機に入れてみて、洗濯機の8~9割が埋まっている状態が理想です。もちろんそれ以上のぎゅうぎゅう詰めはNGです。

乾燥機であれば5割前後が目安となります。したがって、一台で洗濯から乾燥までできる洗濯乾燥機の場合、「乾燥」を基準に容量を選びましょう。

また、洗濯機の容量は「○○キロ」と表示されていますが、これは洗濯物が乾いた状態の重さを表しています。乾燥機についても同様です。

洗濯の場合

こたつ布団をコインランドリーで洗濯する場合の容量は次のとおりです。

  • こたつ布団(Mサイズ)一枚 小型洗濯機(16キロ)
  • こたつ布団(Lサイズ)一枚 中型洗濯機(22キロ)

乾燥の場合

こたつ布団をコインランドリーで乾燥する場合の容量は次のとおりです。

  • こたつ布団(Mサイズ)一枚 中型乾燥機(15キロ)
  • こたつ布団(Lサイズ)一枚 大型乾燥機(22キロ)

こたつ布団をコインランドリーで洗う手順

こたつ布団をコインランドリーで洗う手順をご説明します。

コインランドリーで洗えるかどうかを洗濯表示などで確認したら、コインランドリーへ運びましょう。

手順①こたつ布団を洗濯機で洗う

こたつ布団をたたんで洗濯機に入れます。こたつ布団の洗濯には、おしゃれ着用の中性洗剤が適していますので、あらかじめ用意していきましょう。

また、記事の最後にも詳しく書いていますが、コインランドリーでは洗濯ネットをしないでこたつ布団を洗います。

ネットに入れないので結局は洗濯機内でこたつ布団は広がってしまうのですが、洗濯機の動き始めは不安定なため、安定して洗濯をスタートさせるためにきちんとたたんで入れることになります。

手順②乾燥機に入れる

洗濯機が終了したら乾燥機へ移しますが、この際に、こたつ布団に損傷がないか一通りチェックすると良いです。

コインランドリーの洗濯機や乾燥機は強力なため、特に長年使ったこたつ布団でなどは、最悪の場合、途中で破れて中身が出てくることもあるためです。

また、乾燥機は途中で扉を開けることもできますので、時々開けて広げたりひっくり返したりして、まんべんなく乾くように工夫すると良いでしょう。

手順③乾き具合を確認する

乾燥時間は50~60分程度を目安にするのをおすすめします。

繰り返しになりますが、乾燥機の熱によるダメージは意外と大きいため、残りは自宅へ持ち帰って天日干しするのが良いでしょう。

手順④熱を逃がす

乾燥機で完全に乾いたと思った場合でも、まだ熱の残るこたつ布団は、熱とともに湿気もまだ含んでいます。湿気が残っているとカビや臭いの原因となります。

布団の中心部まで完全に乾いているかどうかは見極めにくいものです。

そのまま収納することは絶対に避けて、自宅に持ち帰ってからも広げたまま自然乾燥させ、熱と湿気をしっかり逃がしてから収納します。

コインランドリーでこたつ布団を洗う時はネットなしで洗うこと

こたつ布団の損傷を防ぐために、洗濯ネットを使いたくなるところですが、実はコインランドリーでの洗濯では、洗濯ネットは不可とされています。

コインランドリーの洗濯機に多く見られるドラム式の洗濯機は、洗濯物をたたき洗いします。

この時に、洗濯ネットのファスナーの部分が洗濯槽に何度もぶつかり傷をつけてしまうのが理由です。布団用の洗濯ネットは、家庭用に多く見られる縦型の洗濯機での使用に適しています。

コインランドリーでこたつ布団を洗う時は、洗濯ネットなしで洗いましょう。

布団クリーニング選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「宅配クリーニング博士」編集部が総力を挙げてクリーニング店16社を徹底比較し、ランキング化しました。
価格と品質のバランスが取れた優秀な布団クリーニング店が分かるので、迷っている場合は参考にしてみてください。