スーツクリーニング

スーツがクリーニングで縮む原因とは?【型崩れしないために注意すべき】

スーツがクリーニングで縮む原因とは?【型崩れしないために注意すべき】
スーツをクリーニングに出したら縮んだ気がする・・・!

そんな経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

実際にSNSでもこのように、スーツをクリーニングに出して縮んでしまったという人もちらほら見受けられます。

ここでは、スーツをクリーニングに出して縮む原因と対処法、そして事前の防止策について詳しく解説していきます。

スーツはクリーニングで縮む原因とは?

スーツはクリーニングで縮む原因とは?スーツがクリーニングで縮む原因は2つあります。

原因①アイロンのかけ方

まず、そのクリーニング店のアイロンのかけ方(仕上げ)が下手な場合。

アイロンのかけ方が下手だと、スーツの本来の立体的な構造が崩れてしまい、着心地が悪くなり縮んだと感じてしまうのです。

この場合、厳密に言うと縮んだというわけではないので、アイロンをかけ直したり洗い直したりすることで対応することができます。

原因②ウェットクリーニングの失敗

もう一つの原因は、ウェットクリーニング(水洗い)で失敗する場合です。

スーツクリーニングは型崩れ防止のため、普通はドライクリーニングを行いますが、しっかり汚れを落としたい場合は水を使って洗うウェットクリーニングで依頼します。

しかし、ウェットクリーニングは本来スーツのウール生地に使ってはいけない水を使った特殊な技術が必要です。

技術不足などの理由で場合によっては失敗して縮んでしまう可能性があるのです。

スーツはドライクリーニングで縮むことはない

ドライクリーニングは水を使わずに洗濯する手法なので、生地(ウール)に水の影響を与えないため、縮むことはありません。

ですので、ドライクリーニングに出す場合は縮むのでは?と心配する必要はありません。

もしドライクリーニングで縮んでしまったと思ったら、次の2つのどちらかが原因と判断できます。

ドライクリーニングで縮んだら以下の可能性が高い
  • 気のせい
  • アイロンのかけ方が下手

スーツがクリーニングで縮んでしまった場合の対処法

スーツがクリーニングで縮んでしまった場合の対処法

もし、スーツがクリーニングで縮んでしまったら次の方法で対処しましょう。

信頼のおけるクリーニング店に相談する

まず、自分で対処しては絶対いけません。
状況が悪化してしまう可能性が高いです。

万が一縮んでしまったらプロに相談するようにしましょう。

近くに信頼できるクリーニング店があればそちらに相談しても良いですし、もしなければ次の宅配クリーニングでも問い合わせることができます。

  • リナビス
  • リネット

自分で判断せずに、プロに問い合わせるのがクリーニングでトラブルが起きた時の鉄則です。

スーツがクリーニングで縮まないために注意すべきこと

スーツがクリーニングで縮まないために注意すべきこと

そもそも、スーツがクリーニングで縮まないようにするためには次の点に注意すべきです。

信頼のおけるクリーニング店に依頼する

上記、当然のことですがとても大事なことです。

もし、縮んでしまったら賠償の交渉などで面倒なことになってしまいます。

特に高級ブランドや高価なスーツなど、絶対に失敗できないものは少々高くとも信頼できるところに預けましょう。