ダウンクリーニング

ダウンジャケットはクリーニングしないとどうなる?【ベストな頻度は?】

ダウンジャケットのクリーニング代は高いけどクリーニングに出さないとどうなるのかな?

ダウンジャケット・コートのクリーニング代って高いですよね。しかし、あまり汚れてなさそうだし、出さなくていいかと来年までしまっておくと大変なことになる可能性が高いです。

結論から言うと長期間保管する前に、一度でも着たダウンジャケットはクリーニングに出しましょう。

というわけで今回は、ダウンジャケットをクリーニングにださないとどうなるのか?クリーニングに出すタイミングはいつがよいのか?についてみていきます。

ダウンコート・ジャケットにクリーニングは必要?出さないとどうなる?

結論から言うとクリーニングは必要です。ダウンジャケットは汚れていないように見えて、汗や皮脂、ほこりなど外で様々な汚れがついてしまっています。

もしこれらの汚れを放置しておくとおそろしいことになるのです。

どうなるのか詳しく見ていきましょう。

付着した汚れからシミができる

付着した皮脂や汗、そのほかの汚れからシミができた状態になります。しかも知らない間にできることもあるので厄介です。

洗わないで次のシーズンまで収納しておくと、シミができる可能性が高くなります。特に襟元など皮脂や汗の汚れが付着しやすい場所にシミができることが多いです。

付着した汚れから臭いにおいが出る

汗などを放置しておくと汚れだけでなく、くさいにおいがでるようになってしまいます。何ともいえないにおいが出るだけでなく、付着した汚れから雑菌が繁殖し、虫食い穴の原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

汚れたまま次のシーズンまでしまうということがないようにしましょう。

ダウンコート・ジャケットをクリーニングに出す頻度・時期は?

クリーニングに出す時期ですが特別目立った汚れがない限り、着用シーズンが終わり収納にしまう前にだします。頻度は1年に1回でよいです。

あまり回数を多くするとジャケットによってはダメージになり、生地がいたんでしまうこともあります。ただし飲み物をこぼした、雨に濡れたなどで目立つシミができた場合は、なるべく早く出しましょう。

目立つシミは放置する期間が長くなるとそれだけとりにくくなるからです。なお、ダウンジャケットの汚れは自分でも防止し、手入れすることが可能です。

ダウンコート・ジャケットのクリーニング頻度を減らせる手入れ方法

簡単に家でできてクリーニング回数を減らせる効果的な手入れの仕方を3つ見ていきます。

  • 衣類用ブラシでブラシをかける
  • 防水スプレーを使う
  • 除菌消臭スプレーをかける

順番に詳しく見ていきましょう。

ブラシをかける

表面が汚れてくるとダウンジャケットの通気性と見た目が悪くなってしまいます。

そのため表面のほこりや毛玉は、衣類用ブラシで日常的にブラッシングしましょう。

防水スプレーを使う

防水スプレーを使うことで、コーヒーのとびはねや雨や雪など水分が原因でできるしみを防止することができます。

注意するべきなのは防水スプレーの種類です。シリコン防水スプレーの場合表面に膜をはってしまうのでダウンジャケットの通気性が悪くなってしまいます。

テントなどアウトドア用に使うスプレーもやめましょう。使うなら、衣類の機能を損なわないようなダウン製品専用撥水材と書かれているものを使用します。

例えば、ニクワックス(NIKWAX) ダウンプルーフという製品はダウン製品専用で評判も高いようです。

使う際は説明書を読みスプレーをかけすぎないようにしましょう。かけすぎると、ダウンジャケットにスプレーのしみができたりもします。

ポケットや襟元やそでに防水スプレーをすることで、皮脂や汗、ファンデーションによる着用していると自然にできるような汚れやしみも防ぐことができるので、クリーニングに出す頻度を減らすために使用するといいでしょう。

除菌消臭スプレーをかける

衣類のにおいや汗などによる菌の繁殖を防ぐために除菌消臭スプレーを5回ほどかけ、乾かすために風通しの良い場所に1日つるしておきます。

風通しの良い場所につるしておくことで、内部にこもりがちな汗の湿気も乾き、気持ちよくジャケットを着ることができます。

ここまでの3つの手入れ方法をやるとやらないのでは、ジャケットの傷み具合に差が出ます。おきにいりのジャケットを何年もきれいに着心地よく使いたいという場合はぜひやってみてください。

ダウンはクリーニングに何日かかる?

クリーニング屋によって異なるのですが最低1週間ということが多いです。宅配クリーニングの場合は、1週間+郵送および返送の日数がかかります。

ダウンジャケット・コートの場合、洗った後干す際に、乾燥機は基本使えません。クリーニング屋の場合、洗った後ダマや羽毛の偏りができないようにプロの人が丁寧に日数をかけて自然乾燥してくれるのが基本です。

もし3日など極端にクリーニング期間が短い場合、乾燥機を使い無理やり乾燥させたものが返却される可能性もあります。

急速に乾かすと以下のような問題が出ます。

  • うまく乾いていないため変なにおいがする。
  • ジャケットの生地がいたんでしまう
  • ジャケットがぺしゃんこになり着れなくなる

そのためよほど急がない限り1週間の期間でクリーニングしてくれる店を選びましょう。

クリーニング店選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「宅配クリーニング博士」編集部が総力を挙げてクリーニング店25社を徹底比較し、ランキング化しました。価格と品質のバランスが取れた優秀な宅配クリーニング店が分かるので、クリーニング店選びの参考にしてみてください。