宅配クリーニングの知識

宅配クリーニングでトラブル事例と回避方法【起きた時の対処法も】

宅配クリーニングのトラブルが不安。どうすれば安全に預けられるの?

クリーニングはクレーム産業と言われているように、トラブルが起きることは少なくありません。特に2014年から急増しているのが宅配クリーニングのトラブルです。

宅配クリーニングは店舗型のクリーニングと違い、消費者と事業者が直接対面しない形態であることが主なトラブルの原因と考えられます。

そこで、この記事では特に宅配クリーニングで起こりがちなトラブル事例と、そのトラブルを未然に防ぐ手段を解説していきます。

宅配クリーニングのトラブルの例

宅配クリーニングのトラブル事例5つと、その原因を解説します。

トラブル事例①紛失

宅配クリーニングに出した衣類が紛失してしまうトラブルは、信じられないようですがまれに起こります。

紛失が起こる原因としては、タックという細長い紙のつけ間違いや洗濯中のタック紛失、他の衣類に紛れ込んで誤送される、などがあります。

トラブル事例②過剰請求

宅配クリーニングでは、衣類の送付後にクリーニング料金が決定するため、自分の試算よりも高くなることがあります。

例えばダウンジャケットだと思って出したものをダウンコートに分類されると、自分の見積もりよりも千円以上高く請求されることになります。

この顧客と宅配クリーニング業者の見解の相違がトラブルに繋がるのです。

トラブル事例③納期の遅延

宅配クリーニングの納期は業者によって大きく差がありますが、おおむね一週間程度です。

直接持ち込みの実店舗とは違い、宅配の往復日数で2,3日かかることに加え、衣替え時期などの繁忙期にはクリーニングに時間がかかりますので、納期が遅くなることもあります。返却予定日になっても連絡すら来なかったというトラブルは多いです。

トラブル事例④クリーニング事故

クリーニング事故で多いのがワイシャツのボタン欠け色落ちのトラブルです。

ボタン欠けは、特に安い宅配クリーニングで、プレス機の当てかたが悪く圧力で割れることがあります。

色落ちは、汚れ落ちの良いアルカリ性洗剤を使用した場合に起こることがあります。

トラブル事例⑤連絡が取れない

宅配クリーニングは電話やメールが連絡手段になります。しかし「何度電話をしても通話中」「いつまでもールの返信がこない」という苦情が増えているようです。

比較的、業者自体が駆け出しで、社内体制がしっかり整っていないときに多いトラブルです。

宅配クリーニングのトラブル回避方法

宅配クリーニングのトラブルを避けるためには、出すとき、受け取るときに衣
類を事業者と消費者双方でチェックすることが重要です。

しかし、宅配クリーニングでは対面でチェックができないため、消費者がトラブルを避けるために事前に確認しておくべき項目を6つご紹介します。

トラブル回避方法①事前に衣類の状態の写真を撮っておく

衣類がクリーニング事故により損傷したのに「元々損傷していた」と言われるケースもあるようです。

これを避けるために、クリーニング前の状態をデータ保存しておくことは有効な手段です。

トラブル回避方法②信頼のおける宅配クリーニングを使用する

宅配クリーニングのサイトで、その事業者が信頼に値するかどうかを確認できます。契約条件・連絡先・賠償基準が明記されているかを確認してください。

実際に利用した人の声も参考になります。

トラブル回避方法③絶対失敗したくないものは高級クリーニング専門店へ

ハンドメイド品やハイブランド品などの大切な衣類は、高級宅配クリーニング店に出すのがおすすめです。

高級クリーニング店では基本的に検品から仕上げまで、一点ずつ行います。その分料金が高くなりますが、丁寧に取り扱ってくれるので安心です。

高級宅配クリーニングのおすすめ13選【ハイブランドも安心】 高級品やハイブランドの衣類のクリーニングは絶対に失敗したくないので、安心できる業者に頼みたいですよね。 ここでは、...

トラブル回避方法④必ずクリーニング対象外のアイテムを確認する

宅配クリーニングのサイトには、クリーニングを受け付けていない物の記載がありますので確認を忘れないようにしましょう。

うっかり対象外の洋服を送付してしまうと、クリーニングされずに返却されますが、返金されないこともあります

トラブル回避方法⑤不明点があればメールや電話で確認する

宅配クリーニング業者のサイトを見て「衣類の種類がわからない」「〇日までに必ず届けてほしい」など、少しでも疑問に思ったことは、できれば注文前やアイテムが先方に到着する前にメールや電話で確認しておきましょう。

消費者と事業者の間の認識の違いはトラブルの元です。

トラブル回避方法⑥賠償基準は念の為確認しておく

衣類が紛失・き損したときのクリーニング事故では、事業者独自の賠償基準が適用されたことによるトラブルが目立っています。

事業者によって賠償基準は異なるので、補償の上限金額などをきちんと把握しておきましょう。

宅配クリーニングでトラブルが起きてしまった時の対処方法

宅配クリーニングから返却されてきたらすぐ、アイテムの点数と状態をチェックしましょう。

時間が経つと原因の究明が難しくなるので、届いたら迅速に確認することが注意点としてあります。

チェックが終わるまでは洗濯タック(識別番号付きの細長い紙)はつけたままにします。

そして万一クリーニング事故がわかったときの対処法を三つご紹介します。

起きたトラブルの対処方法①賠償基準を確認する

宅配クリーニング業者のサイトに賠償基準が記載されています。そこに賠償額の算出方法が示されています。

一般的には、全国クリーニング環境衛生同業組合連合会が定めるクリーニング賠償基準が適用されることが多いですが、宅配クリーニング業者独自の賠償基準を適用する所もあります。

起きたトラブルの対処方法②本社と連絡を取り要望を明確に伝える

宅配クリーニング業者の本社・運営元と電話やメールで連絡を取り、現在の状況と補償に関する要望をはっきり伝えます。

引き続き着用できる程度の状態なのか、着用に耐えないため業者が引き取るのかで補償額の算出方法は異なります。

あとは賠償額の算出のため、購入時の金額と経過月数がわかっているとスムーズです。

起きたトラブルの対処方法③会社が対応しない場合は消費者センターへ

宅配クリーニング業者の本社や運営元に連絡しても対応してくれない場合や、クリーニング会社が他のものの過失により事故が発生したことを主張して消費者が納得できないときは、消費者センターへ連絡しましょう。

第三者機関による調査を行うことになります。

「消費者ホットライン」188は全国共通の電話番号で、地方公共団体が設置している身近な消費生活センターや消費生活相談窓口を案内してくれます。

クリーニング店選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「宅配クリーニング博士」編集部が総力を挙げてクリーニング店34社を徹底比較し、ランキング化しました。価格と品質のバランスが取れた優秀な宅配クリーニング店が分かるので、クリーニング店選びの参考にしてみてください。